おまとめローン 審査 >> おまとめローンは総量規制の例外貸し付けとして利用出来ます

おまとめローンは総量規制の例外貸し付けとして利用出来ます

消費者金融は貸金業者であり、貸金業者には総量規制が適用されます。総量規制は、貸金業法が改正されたときに新たに追加された物で、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する規制です。この規制が追加された理由と言うのは、多重債務になる人を減らすと言う目的あり、年収の3分の1以内での貸付を行う事で複数の消費者金融からの借金を作れなくしているのが特徴です。

総量規制が有ることで利用限度額に制限が設けられることになります。年収が300万円の人の場合では、年収の3分の1以内になりますので、上限は100万円までになります。しかし、他社からの借金が有る場合は、その借金が差し引かれることになるのです。例えば、借金の総額が60万円有る場合では、100万円から60万円を差し引いた残りの40万円と言った金額が利用限度額になるのです。

ところで、複数の消費者金融からの借金を一本化する事が出来るローンに、おまとめローンが有ります。おまとめローンは、他社債務返済用資金と言った利用使途になっているのが特徴で、金利の安いローンを使って複数のローンの返済を行う事で、利息を減らすことが出来ますし、その分返済総額を減らせるなどの利点を持っています。

また、おまとめローンは総量規制の例外貸し付けとして存在しているもので、年収の3分の1を超える借金に対しても利用する事が出来るようになっているのが特徴なのです。これは利用する側にとって、一方的に有利になることからも例外貸し付けとして認められているのです。

メニュー

リンク集