おまとめローン 審査 >> カードローンの契約。身分証明書の悪用に注意しましょう

カードローンの契約。身分証明書の悪用に注意しましょう

カードローンの契約には身分証明書の提示が必要です。カバンや財布を紛失した時、キャッシュカードやクレジットカードについては、それぞれ発行会社に連絡をしてカードの悪用を防ぎます。金融機関やカード会社は、紛失や盗難被害については24時間対応の届出窓口を用意しています。

盗難や紛失をしてしまった場合、だれかが届けてくれるのは期待が薄いし、新しいものを再発行さえしておけば、警察に盗難や紛失の届を出しても無駄と思ってしまいますがそうではありません。運転免許証や健康保険証は、カードローンの申し込みをする時に本人確認書類として利用されます。

警察に盗難や紛失についての届け出を出していても、ローン会社はそれを知ることはできないので、カードローンの契約はできてしまいます。カード会社は運転免許証や健康保険証で本人確認をしていれば、本人に対して貸したものとして返済を求めます。それでも、その身分証明書が悪用されたもので、ローンの契約をしたのが本人でないと証明することができれば返済義務はありません。

身分証明書を使って契約をしたのが自分自身でないことを証明するために、自分の手元以外にも運転免許証や健康保険証があり、契約に利用されたものが自分の手元になかったことを立証する必要があります。紛失や盗難被害にあってしまったときは、出てくる期待は薄く、届出の手続きは面倒でも、警察への届出は悪用防止のために必ずしておきましょう。

メニュー

リンク集